少額訴訟
当サイトは「架空請求」は無視を勧めます。
しかし、無視し続けると支払い義務が発生してしまう、「少額訴訟」があるのです。

「少額訴訟」とは、60万円以下の支払いを求めるときに起こす訴訟であり、簡易裁判の事です。
この司法制度を利用し、「利用者が請求を支払わない」と簡易裁判を起こしてくるのです。

これを無視してしまうと、裁判所に正当な理由無く審議に欠席したと見なされ、敗訴してしまいます
例え架空の請求でも正規の債権で絶対に支払わなければならなくなるのです。

架空請求の催促に「支払われないのなら少額訴訟を起こします」と書かれてくる事があります。
しかし、ここで恐怖心や何も慌てる必要がありません。
無知な人なら「裁判される位なら払ってしまった方がいいのかな・・・」と思わせますが
「少額訴訟を起こす」というのは悪質サイトの脅し文句であり、良く使われる手なのです。

小額訴訟を起こすには個人の所在地などが分かっている必要があり、ワンクリック詐欺などではIPアドレス・固体識別番号しか分かりませんから住所・氏名が分からない人に対して、小額訴訟を起こすことは出来ません。

もし裁判所から呼出状が来たら、まず消費生活センターや弁護士に相談してください。
悪質サイトからの偽者の呼出状という事も考えられます。

本物ならどんなに身に覚えが無い場合でも、小額訴訟の場合だけは、必ず出頭して下さい
架空請求で、負けるはずはありませんので必ず出頭して対処しましょう

悪質行為に無縁の優良サイト
検証済み優良ポイント制サイト
ヒお薦め優良出会い系ヒ
出会える出会い系No.1

特定電子メール法
電子消費者契約法
出会い系に関わる法律

出会い系サイト「悪質/詐欺」対策